スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
おさんぽ おさんぽ!!
2007-10-31 Wed 16:56
退院して一番私が感じることは

体力がないっ!!

ちょっと何かするとすぐ疲れます

そういうわけでチロと散歩する機会があったので

おさんぽ おさんぽ・・・
(普段は田んぼにいくので機会があまりない)

DSCF1526_edited-1(散歩に行こう)

散歩に行くってわかると散歩モードはいります


写真ではじっとしてるところとってますが

散歩にいけるとわかると

ちょろちょろ・・・・
さすがだ!! ちょろ犬と言うブログのタイトルにしただけあるね

DSCF1528_edited-1.jpg


散歩中はとことこととまることなく歩きます

時には
DSCF1533_edited-1.jpg


においをかぐのに熱心・・・

そばに紅葉したはなみずきのきがあるので写真と撮ろうとしましたが

においをかぐほうがいいみたい・・・

DSCF1532_edited-1.jpg


無理やり写しましたがちゃんとすわってくれません

DSCF1542.jpg


散歩の途中でススキ発見!!

開いてないですね?

DSCF1544.jpg


いつも菊の前ですわっているので・・・


散歩コースはいつも同じです
違うところだと途中で帰りたがります
電車や列車の写真を撮ったのですが
うまく写ってなかったです
補正機能を使ってみたのですが
うまくいかない・・・

11月5日からまた入院します
こんどは聞こえるようにするための入院です
1週間ぐらいかな?
そのあいだブログのアップやコメント返し
ほかのブログへの訪問できませんので・・・
しばらくどたばたしそうです
でも退院したら少しは落ち着くかな?


スポンサーサイト
別窓 | チロの日常 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
県北の秋!!
2007-10-28 Sun 13:26
10月21日
(1週間もまえじゃんか?)

広島県北部 安芸太田町 北広島町(旧芸北町)にいってきました

まだこのころは術後1週間ちょっとしかたってなかったので

あまり写真とれませんでした(ふらふらしてたんで)

車に乗っているときのチロはだいたいこんな感じでうちの隣にいます

ドライブ中

これはまえのものですが・・・・

安芸太田町といえば・・・・・

祇園坊柿

祇園坊柿!!」

この柿は広島の祇園にあったことからこの名前がついたとか
坊のほうはお坊さんの頭に似てるからかな?
(確かそんな風に解説されてました)
形見ればわかると思いますが渋柿なので渋を抜かないと食べれません
母の実家に実っているものをとっていま渋ぬいてます
いろいろ加工されいて安芸太田町の特産品として有名なんだそうです

恐羅漢山の途中で・・・・

ちょろ犬チロ1


ちょろ犬チロ2


ちょろ犬チロ3

チロちょろちょろ中・・・・
ますっぐ歩くんではなくてうろうろ

まだ紅葉してないですが



ふらふらしてたんで近づいて撮影する元気がなかったです
まだ山は青く紅葉はまだでしたが上着を着ないと寒いです
北広島のりんご

りんご1


りんごいっぱい

広島は南部はみかん 北部はりんご
ひとつの県でみかんとりんごができるのは広島だけで珍しいとか

りんご園のワンコ1


りんご園のわんこ2

りんご園のわんこ
じ?っとどこかを見てますが
視線の先はチロ・・・・
チロが気になってしょうがない様子でした

あくびもよくしてました

あくびです


「ふぁ? 気持ちいいな?」
聞こえてきそうですね・・・

チロは中にいる両親が気になります

チロが気になるのは中に入ってりんごを購入している両親
ワンコにはあまり関心が薄かったです

ちょっとまえの写真ですがチロのあくび


あくびチロ



県北ももう少ししたら紅葉だね!!
スキー場も多いですが暖冬とお客さんが少ないせいで
いろいろ大変なようです

前の記事に書き忘れてましたが
私が入院してるときチロはさびしがっていたようです
探し回ったり・・・・・
退院する2日前両親が車できていてチロが車のなかにいたので
病院の駐車場まで行って会いました
大喜びしてました
退院したとき家にいましたが帰ってきたときも
うれしそうにしっぽふってました

別窓 | チロとドライブ&旅行 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
入院日記 その1
2007-10-26 Fri 15:32
前の記事でうっかり忘れておりました
チロの9歳の誕生日のお祝いのコメントをたくさんいただき

ありがとうございます!!

たくさんの人に祝ってもらったのは初めてだったんで

感激!!


そんなにいろいろあったわけではないですが
人工内耳の手術のための入院のときのレポを
(関係者のほうはいろいろあったかも)
10月12日に手術日だったので2日前の10日に入院
耳を手術するんですが全身麻酔なんで麻酔科の診察が入院した日にあった
問診のみです (もういろいろ術前検査したからね)
血栓予防?(エコノミークラス症候群?)を防ぐためのストッキングを購入
前日に左側の耳の近くの髪の毛を看護士さんにそってもらいました
(このときはあまりそらなかったが実際手術するときはかなりそられましたね)

当日手術を担当される 
手術室の看護士さんや麻酔医の方
があいさつにこられた
看護士さん
「怖いから やめたいって思いませんか?」
きかれましたよ
ちょっとびっくり(そんなこと直前に言われたら困るんでは?)
「えっ!? そんなこと考えないようにしてます」
「いまさら引き返せないじゃないですか」
と答えましたがね

ここからちょっとつらかったな
なぜなら12日なったときから
ご飯も水分も麻酔医さんがOKを出すまで絶対取れなかったから
手術室へは歩いて看護士さんと行きました(手術は11時からで10時には入った)
3Fにありますが すごくひろい!!
その中にトイレや自販機 お医者さんの更衣室などなど
もっとも手術室へ入るときは殺菌?するみたいですね
個室のような部屋がいっぱいあります
その中のひとつに案内されすぐ麻酔入れられ意識が戻ったのは
抜管したときではないかと・・・・

ここら辺はもうろうとしてあまりどうなっていたかはわかりません
ただ病室に帰るとき
先生に
「耳鳴りがする」
って訴えました
ほかの方が人工内耳手術された体験記を拝見したんですが
耳鳴りが軽くなったといわれる方が多いです
しばらく手術前と同じでした
いまもしますけど手術したほうは軽くなったけどしてないほうがするんで
全く耳鳴りがしなくなったということは無いです

麻酔が抜けるまでがきつかったです
吐き気がしてはいたり(麻酔のせい?)
18時には水分が 19時には食事がOKでしたが
(食事は流動食)
水分取れるようになると楽でしたが
吐き気は翌日の明け方までありました
病室に戻って酸素?マスクしましたでも
(暑いとか空気がゴムくさいのでまともにしてなかったです)
吐き気がいつまでもあったのはそのせいかな?
マスクすると麻酔が早く抜けるぞといわれました
吐き気がしなくなってまともに食べられるようになると
元気になるのが早かったです

翌日の8時まで絶対安静だったので
尿の管がついてました

それからは自分で体動かして売店行ったりしてました
術後 めまいやふらつき1週間ほどするようです
術後しばらくはあまりかんじませんでした(ふらつきはありました)
術後 4,5日から目が回るようなひどいめまいがするようになりました
薬とか処方されませんでした
薬はありますが効果がないと先生に説明されました
横になって安静していなさいと看護士さんに言われたんで
退院するまでじっとしていることが多かったです
TVばっかりみてたな

あとつらかったのは
抜糸までお風呂やシャワーが入れない
体は蒸しタオルで拭いてました
頭は包帯が取れるまで全く洗えませんでした
抜糸の前の日にドライシャンプーならいいと先生にいわれたので
看護士さんにしてもらいました
包帯は17日に取れましたね
抜糸は18日でした
退院は19日
抜糸して一番にしたことはシャワーです

血抜きの管を入れなかったので(だいたいいれないらしい)
包帯しっかりと手術した耳は当然 頭にも包帯ありました
しっかりまいて抜くんだそうです

手術して痛みはあまり感じませんでした
ほとんどないといっていいくらい

味覚がちょっと変わりましたね
苦味に関して鈍くなりました
コーヒー飲んでも苦味をあまり感じません
これはずっとではなく一時的なものです

今回は手術のためだったんで説明文みたいですね
髪の毛かなりそられました
術後に髪の毛をくしでときましたがそられた髪の毛が大量に落ちてきたので
「ひえー」でした
髪はそったところがある程度のびるまで切らんぞ!!!
髪は腰の辺りまでありますけど・・・・
看護士さんに長いから隠れてわからないから
ってずいぶん言われました

いまは手術したところほとんど傷がいえてわかりにくくなってます

入院するときこれもっていきました

入院中には2

シーバ 辰巳出版

ワンコたちにはなぐさめられました
(ほかのブログのワンコたちも夢に出てきました)
チロの夢もけっこう見ましたし

入院中には1


ワンコだけでなくにゃんこにも・・・・
病院の売店に売ってました
チロの写真も持参しました

また入院するんですが聞こえるようにするための入院です

次の入院中には


今度はこの本を持っていきます

このあいだ本屋にいったら

わんこかれんだー2


ワンコカレンダー1


したの柴犬カレンダー
毎年買ってます

ほっかむりチロ


退院してから
チロの写真が少ないです
これはコンデジを買ったばかりの写真です


追記にPC関係の話を入れときます
みんなどうしてるのか聞きたいので・・・
入院日記 その1の続きを読む
別窓 | 人工内耳・難聴のお話 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
退院しました
2007-10-23 Tue 15:12
退院しました!!

いろいろ心配させてすみませんでした

人工内耳の手術は成功しました

退院したのは10月19日でしたがふらついたりめまいがするのでなかなかブログのほうできませんでした(予定は10日だったのですが1日早く出れました)

術後1週間ぐらいはめまい、ふらつきありましたが今はほとんどありません

もっとも自転車に乗るとかはまだしないほうがいいかも

今回は手術のための入院でまだ聞こえるようになってません

また入院して聞こえるように外部装置を調整して聞こえるようにするのです
(何人かもう聞こえるようになったと思っていた方がいたので)

入院する前は暑かったのですが、退院するとすっかり「秋」に・・・・

DSCF1488.jpg

DSCF1487.jpg


DSCF1441.jpg

DSCF1444.jpg



退院してあわてて夏物をかたづけました

昼間はちょうどいいくらいかな?
夜は掛け布団が2枚いるぐらい寒いときもありましたが
季節の移り変わりが急激ですね

入院する前にチロの誕生日を祝いましたがプレゼントがまだだったので

チロの手作り食のなべと枕買いました

DSCF1474.jpg
DSCF1471.jpg


ベッドはこれを使用してますが

DSCF0246.jpg



あまり使わないので買いませんでした
(両親に聞いたらいらないといわれたんで)
このベッド
コタツの掛け布団です
いらなくなったものを折りたたんでチロのベッドに・・・
でもこの上で寝るということはあまりありません

寝るときは母の布団の上で母の足元で寝るんで・・・・
はっきり言ったら「一人寝できないんです」
誰かと寝ないと寝ません
これはきたとき夜鳴きするから一諸に寝てからずーっとそうなんです
人の足首を枕にして寝るんでしびれます
足も伸ばせないし・・・
(私も母がいないとき一諸に寝たことあるんで経験済み)


「柴犬あきとの日記」
でブログ2周年企画のおまけ賞?残念賞?
をいただいたので

DSCF1492.jpg

お礼を・・・


DSCF1494.jpg

「ありがとう!!」
使うのもったいないので大事に保管しとこうかな?
別窓 | チロの日常 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
「きたああっ!!」までの話
2007-10-14 Sun 14:00
なぜこんな話を書こうかと思ったのは「耳が聞こえない」あるいは「耳が聞こえにくい」人に対してあまりわからない人が多いのではないかと思ったから
たとえば「補聴器」をしていても普通の人と同じように聞こえると思っている人がいるからです
はっきりいいましょう耳が悪くなって「補聴器」をしても普通の人とすべて同じにはなりません
代わりになるものはありません
難聴の方は大体内耳が悪い人が多く、その内耳と全く同じ役割を果たすことができる機械はありません
ここまで技術が進歩していますが現在ではありません
私も補聴器を長く使ってきたのでどう違うのか少し説明します
複数で話をするときわからないあるいはわかりにくい
(1対1ならできる)
会議などで発言者が遠くにいるときその人のいっていることがわかりにくい(あるいはわからない)
その人の聞こえ具合によって差はあると思いますが補聴器を売っているお店で聞いた話です
使用されている方からそういう質問を多く受けるようです
いまの段階ではどこのメーカーでもないそうです(聞いたのが一年位前ですけど)
あと補聴器だと音の方向や距離感がつかめないのですがあるメーカーではそれらができるものも出たというようにききましたが使用してないので使った感想はわかりません
ただデジタル補聴器になってかなり良くなったと私は思います
昔アナログ補聴器を使っていたのでそう思います


「きたああっ」では手術の説明が主でしたから今度は入院するまでのお話


紹介された病院へ行き
初診の先生(耳鼻科のトップ)に見てもらうときに
「唇の動きがわかりますか?」(大体こんなことを言ったのかな?)
なぜなんだああっ!! 前の病院の先生といいなぜ耳が悪かったり、聞こえなかったりしたら「読唇術ができる」と思われるのだろうか?
前の病院の先生はやたらとそれを疑い
「唇の動きを読んでるんでしょう」
と補聴器を使用していたときもよく言われていた
「わかりません」って答えましががね
(あまり自信ない)
それを聞いた先生は後ろにいる父になにやら話をし
先生のそばにいたスタッフの方からメモを渡される
CT検査の時間と次の診察の時間
CT検査はその日の夕方
このまま病院にいても仕方ないのでいったん帰ることに
CT検査は私ひとりで行きました
そんなに時間かかりません
診察は次の日
先生は最初に診た先生と違っていた
しかし、この先生もそっちの専門の先生らしい
CT検査の結果問題なしとのこと
先生は人工内耳や手術に関して説明していく
耳が聞こえない私にどうやってかって?
「音声入力システム」
先生が言ったことがPCで文字に変換されていくからちゃんと伝わるんです!!
で、人工内耳手術をするにはMRI検査が必要なので
予約をとったが
7月の上旬・・・
すでに予約はいっぱい・・・
これでもあいてるので一番早いのをとってもらったんですよ
ひたすら待った・・・・
そしてMRI検査
それもあっというまに終わったんですよ!!
そして数日後診察
しかしここでも待つという試練がまっていた
MRI検査は問題なし
しかし人工内耳手術を希望する人が多く
順番待ち
ひたすら待った・・・
ブログを開設するのは最初術後にしようかと思ってたんですが、
待ちきれず 開設
しかし、「柴犬あきとの日記」のイベント企画でチャットを楽しんでいた私にこの後まさか来るとは思わんかった(チャットのイベント終わったんでリンクはしません)
手術の知らせが・・・
もうきたら早かったですね!!
2日後には術前検査だったし・・
検査は 血液 尿検査 心肺機能 レントゲン
平衡機能検査 聴覚検査 味覚
麻酔は全身麻酔なんでかなりいろいろやりましたね
こう書いていくとそんなにハードではないように感じるかもしれませんが
結構疲れました
最後に先生の診察
先生の様子では問題なかったようだ
予定どおりに・・・
誰が手術をするのか聞きました
その先生と耳鼻科のトップの先生がするそうです
トップの先生がっー
しかしここの病院では普通なんだとききました

ずいぶん待たされたんですね?
という方がいるかもしれませんのでちょっと一言
TVや新聞で取り上げられている医療問題や医師不足問題など
いろいろあるのではと・・・
聞いた話では総合病院のようなところは勤務がきついのでやめたり、よそへ移ったりする先生が結構いるとか・・
患者さんは多いですけどね・・・

あっ人工内耳の外部装置はコクレアのようです

字ばっかりだったんで最後はチロの写真で・・・

20071009133157.jpg


20071009133058.jpg



20071009133028.jpg


20071009132908.jpg


20071009132835.jpg


20071009132804.jpg

別窓 | 人工内耳・難聴のお話 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
秋の味覚
2007-10-12 Fri 14:00
秋葉原のおでん缶が広島のあるスーパーに・・・・
とりあえず2種類購入・・・(4種類?ぐらいかな)

20071009132922.jpg



缶入りだから具はみんなミニサイズ
食べてみましたがなかなかいいです。おでん汁は保存がきくようにするせいか塩が強いかな?
函館のおでん缶も発見!!

20071009133224.jpg



2種類あったけど高かったので1種類だけ
函館のほうはまだ食べてません

もうひとつの秋の味覚

家で取れた「栗」

20071009133606.jpg


自然にできたもの

20071009133618.jpg


植えたもの

20071009133631.jpg


左 自然のもの 右 植えたもの

植えたものと自然になっているもの
スーパーで売っているものは自然でできたものよりちょっと大きい
少しゆがくと栗の鬼皮と渋皮がむけやすくなる
半分に切って中をスプーンで取り出す方法もある
作ったのはマロンペースト

20071009132956.jpg


20071009133113.jpg


20071009133126.jpg


20071009133210.jpg

そのまま食べても、パンに塗っても、ケーキにしても◎

まだ栗があるので甘露煮に・・・・

20071009133315.jpg


今年暑いせいでしょうね栗の旬が一ヶ月遅れているのではないかと・・・
なべやおでんもしますが汗を流しながらたべますかね?

参考にしたのは「オレンジページ COOKING 秋の献立」
ネットでは クックパッド

なかなかおいしいですよ?
でも栗の皮をむいて手にたこができました
別窓 | 管理人の日常 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
9歳になりました!!
2007-10-09 Tue 13:50
9年前の10月8日どこかでチロは生まれた・・・
4兄弟で男の子2匹はもらいてが決まり、チロともう一匹(女の子)はあるペットショップで里親を募集していた
両親と私が見たのはケージに入れられたきつねのこのような黒っぽい2匹の子犬が寄り添うように座っていたところだった
店員さんに見せてもらいチロをもらうことにして、ペットショップと契約を結んで帰った
それが9年前の11月の終わりごろ
チロは2ヶ月前だった
来たばっかりのときはおとなしかったチロがそのうちやんちゃぶりを発揮し
家のものや庭の鉢植えを破壊しまくった
(家具だけ破壊の対象外だった)
たれ耳で真っ黒に近い子犬は耳が立ちいまのような柴犬になってきたのは生後半年くらいのころ
そのころに避妊手術をした
理由は血統書つきではないので子犬を産ませても貰い手が見つからないというのが最大の理由
家族が行くところへは当然のようについていく
(ついていくのが当たり前だと思っている)
主な旅行先は阿蘇 九重 別府 山陰 四国 萩 蒜山 信州
(写真少しあるんですけどフイルムカメラのときのものでスキャナーで読み込まないと出せない。買わないとできない状態)
今では両親が毎日田んぼへ行けば必ずついていく

病気は風邪ぐらいで、シャンプーの原液が残っていたのが原因で皮膚炎になったくらいで
どっちかというと怪我で病院のお世話になったほうが多いかも
つめが2回取れたし・・・
山や田んぼに行ってかすり傷を作って帰ってくるし・・・

マズルや頭に白いものが増えたけどいまだ元気です!!

20071009133301.jpg


お誕生日おめでとう!!

20071009133344.jpg


20071009133411.jpg


「細かくきって?」

食べたくて仕方ないので手でちぎって与えると・・・


20071009133508.jpg


20071009133439.jpg


おいしそうに食べてる!!
でも早いのでうまく写真が撮れない
ケーキは好きなんで前の月見団子のときと大違い


20071009133552.jpg


「もっと ちょうだいっ!!」

食欲も旺盛です!!

まだまだ元気で病気をしないようにね

10月10日から入院するんで1週間ぐらいブログの更新やコメントのお返事はできません
ほかのブログへの訪問もできませんので
2つ記事を予約投稿しときます
チロ中心ではないですが興味のある方はどうぞ
別窓 | チロの日常 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
きたああっ!!
2007-10-06 Sat 13:41
管理人温泉ちろべえの個人的な話になりますが・・・
私は難聴です。しかも日常でほとんど音を感じることはありません
耳が良く聞こえるチロとはまったく反対です
最初からこうだったわけではありません
いつからか耳が難聴になり徐々に聞こえなくなっていったのです
もちろん病院に通院しました
しかし、効果的な治療法は確立されていないようです
しかし「人工内耳」で普通の人とまったく同じではありませんが
聞こえるようになります(個人差があります)
それをつづっていきたいと思います


第一話
人工内耳の手術を受ける前
私は別の病院へ定期的に通院していた
普段は末しょう神経の薬?(お医者さんはビタミン剤って言っていたような) 
そして聴力が下がるとステロイドを飲んだり、点滴されたり
大体それは1週間くらいやっていた
ほとんどそれで低下した聴力は下がった分だけ回復したのだが・・・
それでも効果がなく、左耳は3年前に 右耳は今年の年明けごろに
全く聞こえなくなったわけではないけど、日常でほとんど音が聞こえなくなった
どのくらいかというと
普通の人は0?30デジベル(数字が小さいほど耳が良く聞こえる)
難聴といわれる人は40デジベルから
しかしある程度の難聴なら「補聴器」で対応できる
しかし平均して90デジベルや100デジベルになると(わたしはここらへん)
補聴器では対応できないんです
そうすると「人工内耳」をお医者さんから勧められるようですね
私も前に通院していたお医者さんに勧められました(そこではできない)
で人工内耳手術を行っている病院を紹介してもらい
両親(主に父)や私はお医者さんに話を聞いてする方向に決めました

人工内耳手術とは・・・
人工内耳とは手術で内耳の蝸牛に細い電極を植え込み聴神経を電気的に刺激して、それを脳に伝えて聴覚を取り戻す
(治すというより機械を入れて聴こえるようにすること)
そして耳にかけたマイクから音をひろってスピーチプロセッサという機器で音を信号に変え内耳の電極に無線で送る

図(大体こんな感じ)
20071006134559.gif




いろいろ探したけど最新の物がなかったので(著作権とか問題あったら削除します)
病院の先生の説明を少し
人工内耳は補聴器より良く聞こえるようにしてくれる機械です
しかし言葉を聞かせてくれる機械ではありません
物音は人工内耳で聞こえるようになると思いますが言葉として聞こえるかどうかは脳の機能よるところが多い、そのため個人差が出てきます
手術をしてみないと上手くいくかどうかわからない
結局やってみないとわからないということになる

要するに手術をやって外部の機械をつけてみないとどのくらい聞こえるようになるのかわからないといわれました

いまどんな風に生活してるのかというと
電話は全くだめですね・・
TVは広島は去年の11月地上デジタル放送が始まったのでドラマを見るときは
字幕のスイッチを入れてみます(すべてが字幕対応ではない)
ニュースとかバラエティは大体字幕が良く出てくるし字幕を出しても場面とずれてるのでまぎらわしくなるので出しません
チャイムも聞こえませんね?
チロがいると非常に便利です
会話は筆談が多いです
読唇術はあんまりできません。たまに大体なにいってるかわかるときがありますが
でも読唇術は簡単にできるのもではないんじゃないかね・・・
E―メール大いに活躍してます

字ばかりで退屈されたと思うので・・・
最後はチロの写真で

DSCF1303s-こうやって充電してるんだね2



DSCF1301s-こうやって充電してるんだね





いつもじっとしてる写真ばかりですがけっこう動いてます
家ではこうやって田んぼに行ったとき走り回るために充電中ってとこかな・・・

あっ 最後に肝心なこと忘れてました

今まで説明した手術を受けるために10月10日入院します
12日が手術です
入院期間は1週間ぐらいでしょうか
その間ブログの更新はできません
コメントの書き込みはできるようにしときますが
お返事は退院後になります
ほかのブログへの訪問もできませんので
今回は手術のための入院でまた今度はしばらくしたら聞こえるようにするための入院をしないといけないので11月の上旬ぐらいまでどたばたするかもしれません
別窓 | 人工内耳・難聴のお話 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
いねこぎっ!!
2007-10-02 Tue 13:36
前の日に父に
「いねこぎ(脱穀)の手伝いをしてくれ」と言われたんで手伝いに・・・・

チロは毎日田んぼに行ってますがうちはめったに行かないし

チロの田んぼでの様子をレポできるチャンスとばかりついていくことに

いま、その作業をした感想を先に言おう!!

世にはいろいろダイエットのためのエクスサイズがあるけど・・・・・

畑仕事をしたらやせたぞっ!!


まっ その一日をはじめから順を追って書いていくと

田んぼは自宅のすぐそばに無い

自宅は住宅地にあるけど田んぼは軽トラで30分くらいのところ

「田舎」にある

こんなところ(その1)いねこぎ前

DSCF1308s-作業前


田んぼはほかにも1ヶ所あるけど休耕田状態

いねこぎは丸一日かかったんでもちろん弁当持参

チロはつくなりフリーなんでちょろちょろ

私は田んぼ探検(何したらいいのかわからんかった)

父は作業の準備

いねこぎはネットで調べたんですけど一般的な言い方だと「脱穀」らしい
(父に聞けっ!!)

いま田んぼで稲刈りのシーズンなんですが稲刈りと同時に脱穀もするかたもいるので

どこの家も同じではないですね

うちの家では 稲刈り→乾燥→いねこぎ

という手順でやっている

だからってすぐいねこぎ作業にはいったわけではない

まず一番に防鳥ネットがしてあるんでその片付け

そうせっかく収穫した「米」を鳥さんに食べられたら元の子もないんで

そのあいだチロはうちらの目の届く範囲で「ちょろちょろ」

しかし退屈してきたのか父に

「遊んで? 遊んで?」とせがんできた
(なんでわたしには言わんのんか!!)

作業に忙しい父は私にチロの相手まかせ

私が遊んでやることに・・・

かなり走り回りましたが写真撮るの忘れていました
でも多分走ってるところ撮影するのは難しいでしょうね

午前中はいねこぎの準備で終わり

お昼のときに彼岸花の撮影

DSCF1311s-彼岸花2



DSCF1325s-コスモス

お彼岸過ぎてますがまだ咲き始め・・・

暑いから時期が遅れてますね

あとコスモスも綺麗だったので

そのあとをチロもちょろちょろ

DSCF1315s-ちょろちょろ



DSCF1314s-彼岸花とチロ


DSCF1313s-田んぼ探検


DSCF1317s-ちょろちょろ2


DSCF1318s-やっぱり田んぼはいいねえ?


チロ「やっぱり田んぼはいいね?」

DSCF1316s-舌ちろ写真


DSCF1319s-とことこ



父に弁当のおかずをちょっともらったり
(あんまりやらないでほしい・・)

昼から「いねこぎ」

ここからが「本番」

干した稲を脱穀機に投入していく

干した稲を運ぶのが私

脱穀機に投入していくのが父

書いてるとすごく簡単そうに感じるかもしれないけど

丁寧にしないといけないし脱穀しやすいようにきれいにしないといけない

しかも少しではなく田んぼ2枚分

これが家族4人と1匹の一年分

で チロは作業が忙しいのでロングリード
(お古のリードとロープをつないで長くしたもの)
つながれておりました
作業をするのに邪魔だそうです
目が届かないときはいつもつないでおくようです

DSCF1333s-こうやって充電してるんだね


たまにこんな感じでうちらが作業してるのを見ていて

チロ「しっかり見てるから がんばりなさいな」

この作業やったときまだ広島では昼間は真夏日のように暑かったですが

ここでは風がひんやりとして気持ちいいしそこまで暑くなかったですが
作業してるときはさすがに暑かった
汗が吹き出るくらい

夕方には作業終了

米袋はいっぱい

その米袋を米倉に父が運んでいく
(なぜ私が運ばないかって?重いですよ!!持ち上げられないですよ!!)

しかも疲れてぽけーっとしてましたし
(疲れて写真撮影する気力がなくなっていた)

お茶を2リットル持ってきてましたが暑いので作業の合間に

飲んであっという間に無くなり

近くの自動販売機に買いに行ったり

作業後

DSCF1334s-作業後


別にチロを入れようとしたわけではないけどはいってる


終わったときはお腹がすごくすいて

「家に帰って早くご飯が食べたい」

と内心そのことばっかり考えてました

帰ってからがっつきましたよ!!

確かにやせましたが次の日筋肉痛にはなりませんでしたが
体が一日中重たくって動けませんでした
でもたまにでは効果が一時的ですね
元に戻ってきたよ
別窓 | チロの日常 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| 温泉ちろべえのつれづれ日常日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。