スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
久しぶりに人工内耳のお話
2010-02-02 Tue 22:45
字ばかりになりますが・・・
去年の11月に人工内耳をして2年経ちました。
特別にかんがいにふける暇もなく、毎日をすごしとりました。

ただ、人工内耳を装用しているからではありませんが、
デジタル放送になって字幕があればTVの内容がわかるので、アナログテレビのときより
よくTVを見る時間が増えました。

1月に放送された「筆談ホステス」のお話
ドラマは内容が良かったですが、ドラマの中でヒロインが人工内耳の手術をうける場面
ドラマみたあと、本をざっと読みましたが、実際はないのです。

ドラマを見ていた時も実は違和感がありまさしたが
言葉を話せないのに人工内耳の手術は
はっきりいってありえません!
(過去の人工内耳の記事参照しましょう)

そもそも彼女は相手と話すときに筆談で相手に伝えてます。
うちは半年間耳が全く聞こえませんでしたが自分は口頭で相手には伝えたいことを紙に書いてもらってました。

ドラマで障害者が主人公だとなんかきれいなかんじのドラマにするのはいいかげん
やめてほしいなって思いました。
そんなにめずらしいのか?
いいかげん一人の人間としてもっと泥臭くてもいいのではないかと思います。

本のほうが一人に人間の生きざまがよくでてよかったです。
ようするにうちが言いたいのは
「障害があっても普通の人間とおんなじ」だといいたい。

IMG_9294_20100109223356.jpg

こんなこと書いていいのかわかりませんが・・
やっぱり書いときます。
ちろべえのつぶやき
スポンサーサイト
別窓 | 管理人の日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<節分と今年の目標 | 温泉ちろべえのつれづれ日常日記 | いまさらながら1月の3連休の話を・・・>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 温泉ちろべえのつれづれ日常日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。