スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「きたああっ!!」までの話
2007-10-14 Sun 14:00
なぜこんな話を書こうかと思ったのは「耳が聞こえない」あるいは「耳が聞こえにくい」人に対してあまりわからない人が多いのではないかと思ったから
たとえば「補聴器」をしていても普通の人と同じように聞こえると思っている人がいるからです
はっきりいいましょう耳が悪くなって「補聴器」をしても普通の人とすべて同じにはなりません
代わりになるものはありません
難聴の方は大体内耳が悪い人が多く、その内耳と全く同じ役割を果たすことができる機械はありません
ここまで技術が進歩していますが現在ではありません
私も補聴器を長く使ってきたのでどう違うのか少し説明します
複数で話をするときわからないあるいはわかりにくい
(1対1ならできる)
会議などで発言者が遠くにいるときその人のいっていることがわかりにくい(あるいはわからない)
その人の聞こえ具合によって差はあると思いますが補聴器を売っているお店で聞いた話です
使用されている方からそういう質問を多く受けるようです
いまの段階ではどこのメーカーでもないそうです(聞いたのが一年位前ですけど)
あと補聴器だと音の方向や距離感がつかめないのですがあるメーカーではそれらができるものも出たというようにききましたが使用してないので使った感想はわかりません
ただデジタル補聴器になってかなり良くなったと私は思います
昔アナログ補聴器を使っていたのでそう思います


「きたああっ」では手術の説明が主でしたから今度は入院するまでのお話


紹介された病院へ行き
初診の先生(耳鼻科のトップ)に見てもらうときに
「唇の動きがわかりますか?」(大体こんなことを言ったのかな?)
なぜなんだああっ!! 前の病院の先生といいなぜ耳が悪かったり、聞こえなかったりしたら「読唇術ができる」と思われるのだろうか?
前の病院の先生はやたらとそれを疑い
「唇の動きを読んでるんでしょう」
と補聴器を使用していたときもよく言われていた
「わかりません」って答えましががね
(あまり自信ない)
それを聞いた先生は後ろにいる父になにやら話をし
先生のそばにいたスタッフの方からメモを渡される
CT検査の時間と次の診察の時間
CT検査はその日の夕方
このまま病院にいても仕方ないのでいったん帰ることに
CT検査は私ひとりで行きました
そんなに時間かかりません
診察は次の日
先生は最初に診た先生と違っていた
しかし、この先生もそっちの専門の先生らしい
CT検査の結果問題なしとのこと
先生は人工内耳や手術に関して説明していく
耳が聞こえない私にどうやってかって?
「音声入力システム」
先生が言ったことがPCで文字に変換されていくからちゃんと伝わるんです!!
で、人工内耳手術をするにはMRI検査が必要なので
予約をとったが
7月の上旬・・・
すでに予約はいっぱい・・・
これでもあいてるので一番早いのをとってもらったんですよ
ひたすら待った・・・・
そしてMRI検査
それもあっというまに終わったんですよ!!
そして数日後診察
しかしここでも待つという試練がまっていた
MRI検査は問題なし
しかし人工内耳手術を希望する人が多く
順番待ち
ひたすら待った・・・
ブログを開設するのは最初術後にしようかと思ってたんですが、
待ちきれず 開設
しかし、「柴犬あきとの日記」のイベント企画でチャットを楽しんでいた私にこの後まさか来るとは思わんかった(チャットのイベント終わったんでリンクはしません)
手術の知らせが・・・
もうきたら早かったですね!!
2日後には術前検査だったし・・
検査は 血液 尿検査 心肺機能 レントゲン
平衡機能検査 聴覚検査 味覚
麻酔は全身麻酔なんでかなりいろいろやりましたね
こう書いていくとそんなにハードではないように感じるかもしれませんが
結構疲れました
最後に先生の診察
先生の様子では問題なかったようだ
予定どおりに・・・
誰が手術をするのか聞きました
その先生と耳鼻科のトップの先生がするそうです
トップの先生がっー
しかしここの病院では普通なんだとききました

ずいぶん待たされたんですね?
という方がいるかもしれませんのでちょっと一言
TVや新聞で取り上げられている医療問題や医師不足問題など
いろいろあるのではと・・・
聞いた話では総合病院のようなところは勤務がきついのでやめたり、よそへ移ったりする先生が結構いるとか・・
患者さんは多いですけどね・・・

あっ人工内耳の外部装置はコクレアのようです

字ばっかりだったんで最後はチロの写真で・・・

20071009133157.jpg


20071009133058.jpg



20071009133028.jpg


20071009132908.jpg


20071009132835.jpg


20071009132804.jpg

スポンサーサイト
別窓 | 人工内耳・難聴のお話 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<退院しました | 温泉ちろべえのつれづれ日常日記 | 秋の味覚>>
12日(金)に手術を終え、今頃は手術側の耳をガードしているんじゃないのかな?

きっと、手術は成功したことと思いますが・・・あとは音入れまでじっと我慢しなければなりませんね。

でも、不思議と開放感があったのじゃないかと思います。
だんだん悪化していく聴力、通院しても現状維持がせいぜいという医療から、解放され、あとは、人工内耳を通じての音が聞こえ、声として認識できるかどうかの勝負。
もう、振り返る必要はありません。

最初はロボットか宇宙人(あったことはないが!)の声に聞こえるかもしれません。運が良い人は、最初から人の声に聞こえるそうです。

音入れ(人工内耳装着手術をして、最初に、音を入れること・・・そこからは、あなただけの音のマップづくりですね。うまく自分の音の地図を手に入れることを願っています。

今日あたりから、そろそろ、シャンプーをしたくなると思いますが、もう少しの辛抱ですよ。  我慢 ガマン がまん
2007-10-14 Sun 17:52 | URL | タク #-[ 内容変更] | top↑
お疲れ様でした
まーくさんのところのコメントで少し耳のことを書かれていたので、そうなんだ・・とは思っていたのですが。
手術が無事に終わってよかったですね。

ちと、忙しくしていて、みなさんのところを回れなかったのですが、昨日コメントくださっていたので、お元気なんだ!と思っていました。

うちはお隣さんが、少し耳の不自由はご夫婦ですけど・・でも、いたって普通にしておられますが。
でも、不便なことも多いようですね。少し前に携帯を落として、警察から電話があったのですが、聞き取れないから、代わりに話して欲しいと頼まれたことがありましたわ。

普段はあまり困ることはないらしいのですが、電話だけすごく困ると言ってましたわ。

これから、どうかわっていくのでしょうかね?
でも、もう手術して1週間以上たっているので、また変わっているのでしょうか?
チロちゃんの吠える声が、しっかり聞こえるようになったら、また遊ぶのが楽しくなるでしょうね。
2007-10-21 Sun 11:22 | URL | JUNKO #-[ 内容変更] | top↑
ありがとうございます!!
タクさん

そのとおりです
なんか血抜きの管を入れなかったので血がたまらないように
左耳はガードされ頭にしっかりと包帯が・・・
17日には包帯取れましたが
抜糸は18日
抜糸するまで頭は当然ですが体も洗えませんでした
ちょっとつらかったですね(長いこと洗えないのが)
痛みは感じなかったです
ほとんど聞こえなくなって今の病院に来て薬飲まなくなったんで
確かに楽になったというのはありますね
治療法が確立されてないからしょうがないかもしれないですが
前の病院の先生は丁寧に説明してくれる先生だったんでなにしてるか理解してないままではなかったですが・・・
手術の山越えたんでほっとしてます

JUNKOさん

忙しそうですね~
手術は成功したんで
コメント返ししてる今はだいぶよくなったかな?
後は聞こえるようにするだけです
近所に耳の不自由な方がいらしゃるんですね
そうそう普段はあんまり不自由だって感じませんが
電話ですね できない(難しい)ので
会話もかな?
聞こえるようになったらどんな感じか私もよく分かりません
個人差がありますし・・・
チロの声も聞こえないんでまた聞こえるという楽しみもありますね
2007-10-23 Tue 23:09 | URL | 温泉ちろべえ #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 温泉ちろべえのつれづれ日常日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。